池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

EBウイルス感染症 おすすめ健康本 ヘルペスウイルス 帯状疱疹ヘルペスウイルス 新型コロナウイルスワクチンの副作用 新型コロナウイルス感染症(COVID‑19) 膠原病(自己免疫疾患)

コロナワクチンでヘルペスウイルスが活性化し自己免疫疾患になっちゃうかも

投稿日:2022年4月25日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

コロナワクチン接種後にヘルペスウイルスが活性化し様々な問題を起こすケースがあります。

コロナワクチン

 

コロナワクチンでヘルペスウイルスが活性化し自己免疫疾患になる理由

mRNAワクチンでヘルペスウイルスが活性化し自己免疫疾患になっちゃうかもしれません。

そんなことが書かれた本を一冊ご紹介します。

 

コロナワクチンが危険な理由
コロナワクチンが危険な理由 免疫学者の警告 [ 荒川 央 ]

 

 

コロナワクチンでヘルペスウイルスが活性化する仕組み

 

『コロナウイルス感染により帯状疱疹の症状が出ることが知られています。これは水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化が原因です。またコロナワクチン接種の副反応としても帯状疱疹が起こります。』

『この反応の原因として考えられるのは、一過性のリンパ球減少症である。』

『エプスタインバーウイルス(EBV)はヘルペスウイルスですが、多くにAITL(血管免疫芽球性T細胞リンパ腫)の症例でも観察されます。EBVは腫瘍ウイルスとして知られており、ホジキンリンパ腫、パーキットリンパ腫の原因となります。またEBVが自己免疫疾患を引き起こす作用機序も研究されています。』

 

過去にも臨床例をご紹介しましたが、確かに当院の臨床でもヘルペスウイルス活性化の問題は多く、

などの問題を引き起こす可能性があります。

以前説明したコロナワクチンが自己免疫疾患を引き起こすのはEBウイルスというヘルペスウイルスが関与している可能性もあります。

 

何度も言いますが、これはコロナウイルス感染でも起こりますのでご注意を!!

私自身はワクチン否定派ではありませんが、

 

新型コロナワクチンに関する記事

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-EBウイルス感染症, おすすめ健康本, ヘルペスウイルス, 帯状疱疹ヘルペスウイルス, 新型コロナウイルスワクチンの副作用, 新型コロナウイルス感染症(COVID‑19), 膠原病(自己免疫疾患)

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2022 AllRights Reserved.