池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

インフルエンザ インフルエンザワクチン フィシオエナジェティック臨床例 ワクチン

ワクチンが効かないというウソ~インフルエンザワクチンは型が当たらないだけです

投稿日:2019年11月2日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

インフルエンザがもうすでに増えているみたいですね。

本日はインフルエンザワクチンのお話しです。

毎年同じような話題をしていますが、重要なポイントは何回も説明します。

インフルエンザワクチン

whitesession / Pixabay

 

 

ワクチンが効かない、というウソ

「ワクチンは効かない」という偽情報に騙されないでください。

ただ、ワクチンには作用も副作用もあるというだけなんです。

子宮頸がんワクチンの積極的な摂取を中止して6年になるそうです。

世の中には子宮頸がんワクチンが効かないというウソの情報が流れています。

これは完全に嘘です。

 

私自身、ワクチンそのものを肯定する気も否定する気もありません

結論から言うと、ただワクチンには作用も副作用もあるというだけなんです。

 

ワクチン(予防接種)の作用

  • 抗体ができる

 

ワクチン(予防接種)のデメリット

  • 抗体ができる(アレルギーや自己免疫疾患の原因になる)
  • アナフィラキシーなど添加物のアレルギー症状(ワクチンを打った際に腫れたりしたことにある人は要注意です)
  • インフルエンザワクチンに関してはめったに型が当たらない(流行を予想して半年以上前からつくり始めるので予想が外れることが多い。型が外れても重症化を防ぐというのは嘘だと思います)
  • 遺伝子のスイッチに影響して遺伝子要因が発現することがある

 

ワクチンの一番のメリットは抗体ができること、一番のデメリットも抗体ができることです。

過去に何度も記事に書いていますが、私はワクチン肯定派でもないし否定派でもありません。

結論から言うと、

「ワクチンは効果があります。でも副作用のリスクもあります。副作用が起こっても自己責任ですので誰も補償はしてくれません。じゃあどうしますか?」

ということです。

子宮頸癌ワクチンについては、

「子宮頸癌ワクチンは65%の人に効果があります。でも副作用のリスクもあります。副作用が起こっても自己責任ですので誰も補償はしてくれません。じゃあどうしますか?」

ということ。

でも一つ問題があります。

「副作用が起こったときは自己責任である、ということをお医者様はきちんと説明していますか?」ということ。

それが伝わっていないから、問題が起こるのだろうと思います。それは、すべてのワクチンやほとんどの薬でも同じです。

 

ワクチンの遺伝子レベルでの影響

ボディートークの項目に、ワクチンの細胞(DNA)レベルでの影響という項目があります。

⇒ ボディートーク療法について詳しくはこちら

 

フィシオエナジェティック検査でも、ワクチンの細胞レベルの問題が出てくることがあります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

それだけ重大な問題になりうるということです。

 

その他、細胞のDNAレベルで影響を与えるもの

  • 有害な重金属
  • 毒素(トキシン=化学物質)
  • 薬の影響
  • 大きなトラウマ

などは、細胞のDNAレベルで影響を与える可能性があります。

これらの問題はDNAの変異の原因になることもありますが、ここでいうDNAレベルとはDNAのエピジェネティクス的装飾のことです。

遺伝子にはオンとオフのスイッチのようなものがあります。これをエピジェネティクスと言います。

オフになっていないといけないものをオンにしてしまったり、オンになっていないといけないものをオフにしてしまったりする要因としてワクチンがあるということです。

 

ワクチン一覧

  • BCG(結核)
  • ポリオ
  • 三種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)
  • 五種混合(DPT・ポリオ・Hib)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹(三日ばしか)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ、ムンプス)
  • MMR(風疹・麻疹・流行性耳下腺炎)
  • Hib(ヒブ、インフルエンザ菌B型)
  • 肺炎球菌
  • ロタウイルス
  • 水痘(水疱瘡)
  • 日本脳炎
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • インフルエンザ
  • 破傷風
  • 狂犬病
  • 腸チフス

などがあります。

 

 

 

インフルエンザワクチンのメリットとデメリット

個人的には、インフルエンザワクチンはメリットがほとんど無く、デメリットのほうが多いと思っています。他のワクチンにはメリットはあります。

インフルエンザワクチンにメリットが無いのは、半年以上前に〇〇型が流行ると予測してワクチンを作るのですが、外れることが多いからです。そして、流行が去るまで当たっていたかどうか発表しないことです。発表しちゃうとワクチン余っちゃいますからね。

「インフルエンザワクチンは型が当たれば効果があります。でも外れることのほうが多いです。しかも副作用のリスクもあります。副作用が起こっても自己責任ですので誰も補償はしてくれません。じゃあどうしますか?」

ってことですね。

 

ワクチンで何か起こったときに親は受け入れられるんでしょうか?

子宮頸がんワクチンによって助かる命があるということです。これは正しいことです。

毎年3000人の命と1万の子宮が失われていますからね。副作用の問題と比べたらメリットのほうが大きいのは間違いありません。

ワクチンは細菌感染で大勢の死者を出した20世紀に大活躍し、数々の流行性の細菌感染を撲滅させました。そういう意味では人類の発展において大発見だったのです。

 

ワクチンや細菌の歴史についてのおすすめ本


土と内臓 微生物がつくる世界 デイビッド・モントゴメリー/著 アン・ビクレー/著 片岡夏実/訳

 

子宮頸がんの副作用が問題になり任意接種になりましたが、こういう問題に便乗してワクチンが効果がない、とか陰謀論(子供を産めなくして人口を減らす)などのウソを広めようとする人も出てきますが、嘘ですので騙されないように注意してください!!

 

インフルエンザワクチンに関するブログ記事

 

ワクチンに関するブログ記事

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-インフルエンザ, インフルエンザワクチン, フィシオエナジェティック臨床例, ワクチン
-

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2021 AllRights Reserved.