腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

うつ病 フィシオエナジェティック臨床例

うつ症状や不安症の患者様/ 大阪市淀川区より来院

投稿日:2017年4月13日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、うつ症状や不安症でお悩みの患者様の例です。

jarmoluk / Pixabay

うつ症状や不安症でお悩みの患者様

うつ症状の他に不安症もあり自律神経失調症との診断を受けられていました。

具体的な症状としては

  • うつっぽい
  • 息苦しい
  • 急激な視力低下
  • のどの詰まり感

などでした。

フィシオエナジェティック検査でうつ症状や不安症の原因を調べると

  • カンジダ真菌感染
  • リーキーガット症候群
  • ドーパミン、ノルアドレナリンの過剰(ドーパミンやノルアドレナリンは交感神経を刺激します)
  • アセチルコリン減少(副交感神経を刺激する神経伝達物質)
  • 糖代謝の問題
  • 胆汁不足
  • 肝機能低下
  • アセトアルデヒドアレルギー

でした。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

ドーパミン過剰、アセチルコリン減少ということは自律神経失調症ではありますが、ご本人様は逆だと思っておられたようです。

この状態というのはアルコールやカフェインなどの中毒症状を起こしている方に多いのですが、アルコールやカフェインが切れると、うつ症状や不安感がひどくなり、アルコールを飲むとましになります。分かりやすい表現としては禁断症状による不安症やうつ症状ということです。アルコールを飲まないと寝れないという方は要注意ですね。

食生活の問題としては

  • 毎日ワインとビール(ドーパミンを増やします)
  • パン(カンジダ真菌を増やします)
  • 牛乳、ヨーグルトなどの乳製品(腸の環境を悪くします。)

カンジダ真菌の作るアセトアルデヒドやホルムアルデヒドは目に影響します。急激な視力低下につながる方もいます。倦怠感にもつながります。ひどくなると抑うつ症状にもつながります。

のどの詰まり感はカンジダ食道炎が影響していたようです。

 

原因不明のうつ症状や不安症でお悩みの方、ぜひご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
★大阪市・豊中市・箕面市・茨木市・吹田市・高槻市・京都・堺市・兵庫県 尼崎市・宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市・芦屋市・三田市・神戸市・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-うつ病, フィシオエナジェティック臨床例

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2017 AllRights Reserved.