池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 ホルモンバランス メラトニン 女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)

老化を止めるホルモン「メラトニン」と老化ホルモン「エストロゲン」

投稿日:2022年3月31日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は老化を促進するホルモンと老化を止めるホルモンについて説明します。

老化

 

 

老化を止めるホルモン「メラトニン」と老化ホルモン「エストロゲン」

タイトルに結論を書いていますが簡単に説明すると、老化を止めるホルモンが「メラトニン」と老化を促進するホルモンが「エストロゲン(女性ホルモン)」と「テストステロン(男性ホルモン)」です。

いろいろ突っ込みたい部分はあると思いますが、メラトニンがどのように老化を抑えるかを説明します。

 

老化を止めるホルモン「メラトニン」

子どもはメラトニンというホルモンによってエストロゲン(女性ホルモン)やテストステロン(男性ホルモン)の分泌が抑えられています。

つまり、メラトニンによって老化が抑えられている、と言えるのです。

そのメラトニンが電磁波やフッ素などの影響により抑えられているため、子供の老化が早くなってきているのです。

 

肉体的に老化が早くなることによって起こる問題があります。

戦前は初潮の平均年齢が17歳だったのが現在は12歳。つまり5年ほど早くなってしまっているのです。

理論上12歳で子どもができてしまうってことになるんです。おかしいですよね。

さらに男性に関してはさらにおかしなことになっていて女性と同様12歳くらいまで早くなった後、近年ではどんどん遅延傾向になっているとのこと。

おそらくそれはいいことではありませんよね。

マイナス要因が明らかに増えているということです。

男性と女性が大人になるのに差がついていくということになりますからね。

メラトニンに関する記事

 

女性ホルモン「エストロゲン」は老化ホルモン

皆様、よ~く考えてみてください。

エストロゲンが上昇して初潮を迎えると女性らしい体になっていきます。

でも健康になっていくでしょうか?

子どもの方が肌はつやつやですし、元気ですし…

そうなんです。

エストロゲンは老化ホルモンなんです。

それをコントロールしているものの一つがメラトニンなんです。

 

女性ホルモンに関する記事

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-フィシオエナジェティック臨床例, ホルモンバランス, メラトニン, 女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2023 AllRights Reserved.