池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

不妊症 女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン) 血栓症

不妊治療で脳卒中リスクが上がる!?

投稿日:2023年11月1日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

先日、このような記事を見つけました。

『不妊治療で妊娠した女性、脳卒中のリスクが66%上昇』

『エストロゲンの数値が高すぎると血管の内膜が損傷し、血液内の凝固因子が増えて脳卒中のリスクが高まる可能性がある。』
https://news.yahoo.co.jp/articles/4a94903c6a95a2aee78022bfab773b8483fa3877  より引用

 

不妊治療

 

不妊治療で脳卒中リスクが上がる!?

不妊治療といっても、明らかにホルモン療法が原因であると思います。

ホルモン療法つまりエストロゲン療法によってエストロゲンが過剰になることにより血栓体質になることは有名なお話しです。

そのリスクを負うことをクライアント様にきちんと説明をしているのかどうか、が問題のひとつです。

「安全で副作用はありません」と言ったらアウトですよね。

ホルモン療法それだけではありません。

そもそもエストロゲンの過剰が不妊の原因になるのです。

 

エストロゲンの過剰が不妊の原因になる

実は動物学の世界では植物エストロゲンが不妊の原因になるのは有名な話です。

植物性エストロゲンな豊富なクローバーを食べすぎることにより羊が不妊になるという話があります。

動物学的にいうと「雨の少ない年は大豆などの植物エストロゲン濃度が上がり、それを食べた動物は子どもができなくなる」という説があります。

それはこの本の中に書かれています。

『動物たちの自然健康法』

動物たちの自然健康法
動物たちの自然健康法―野生の知恵に学ぶ

 

この本には天然の植物エストロゲンがいかに不妊の原因になるのかが書かれています。

例えば大豆は雨量が少なくなると含まれる植物エストロゲンの濃度が上がり、妊娠しにくくなるようです。

これは食料が少ない時にたくさん子どもができないように環境の中でコントロールされているってことです。

すごいですよね。

 

結果、大豆などの植物エストロゲンを取りずぎると、妊娠できなくなる可能性があるのです。

逆だと思っている人も多いのではないでしょうか?

なぜ間違ったエストロゲン療法が使用されるようになったのかは、個人的にはわかりませんので今後調べてみようと思います。

 

大豆などの植物エストロゲン以外にもエストロゲンによく似た化学物質がたくさんあります。

現在、エストロゲン様物質について疑いがかけられているものもたくさんあるのですが、個人的にはヘアカラーに含まれるエストロゲン様物質は強力だ、と思っています。

当然のことながら日本で不妊が増えている一因としてヘアカラーや毛染めがあると思っています。

もちろん不妊の原因はそれだけではありません。

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-不妊症, 女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン), 血栓症
-,

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2023 AllRights Reserved.