池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

おすすめ健康本 フィシオエナジェティック臨床例 遺伝子発現(エピジェネティクス)

ニュートリゲノミクスとは?

投稿日:2021年6月29日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

ニュートリゲノミクスという学問があります。

 

ニュートリゲノミクスとは?

自閉症や統合失調症は遺伝子が関与していると言われていますが、遺伝子の問題により起こることを栄養学で対応している先生がたくさんおられます。

そのうちの一人がエイミーヤスコ先生というアメリカの先生です。

 

デトックスで治す自閉症
デトックスで治す自閉症 [ ゲーリー・ゴードン ]

 

自閉症回復への道しるべ ニュートリジェノミックスによる自閉症回復へのガイド
自閉症回復への道しるべ ニュートリジェノミックスによる自閉症回復へのガイド [ エーミー・ヤスコ ]

 

ニュートリゲノミクスは遺伝子を標的とする栄養補給療法です。

私たちの遺伝子は変更できないけれど、遺伝子の作用をフォローするができるという研究分野です。

ニュートリゲノミクスは、身体が必要とするにもかかわらず遺伝子変異のために適正に産生することができない栄養成分の欠損部分を供給することにより、遺伝子学的に誘発される機能の低下を迂回し、適正な機能を回復させます。

 

自閉症や統合失調症などの遺伝子的問題について当院で出来ること

遺伝子的に問題があったとしても栄養素を摂取することにより問題点をカバーすることができます。

当院ではフィシオエナジェティック検査を使用し必要な栄養素を探ります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

エピジェネティクス的問題にも対応します

また遺伝子は生まれながらに発現(スイッチがオンになる)しているケースは少なく、ほとんどが後天的に突然スイッチが入ります。

このスイッチは実際には遺伝子に装飾あるというエピジェネティクスという最先端の学問から来ています。

■エピジェネティクスについての過去記事

 

 

遺伝子のスイッチがオフになって病気になることもあります。

 

樽の中にさまざまなネガティブな要素が溜まっていきます。

自身の能力で処理できる範囲内では特に大きな問題は起こらないのですが、樽があふれたときパニックになってしまい、スイッチをオンにしたりオフにしたりしてしまうのです。

その要因は、

  • 構造的要因
  • 化学的要因(農薬などの毒素や重金属など)
  • 精神的要因(ストレスなど)
  • 情報伝達的要因(電磁波や放射線など)

などなど、さまざまな要因があります。

 

ではスイッチを変化させるのはどうしたらいいのでしょうかしょうか?

できることはその要因で現在残っている問題を取り除き、できるだけ樽の中を空にすること、そして樽を大きくする(解毒能力や抗ストレス能力を上げる)ことです。

その要因を調べるのがフィシオエナジェティックです。

だからといって必ずスイッチがオフになるとは限りませんが、やるしかないのです。

ボディートーク療法ではスイッチを最短でオフにするために心身の能力を最大限に引き出すことができるエネルギー療法です。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-おすすめ健康本, フィシオエナジェティック臨床例, 遺伝子発現(エピジェネティクス)
-

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2021 AllRights Reserved.