腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 内臓疾患

膀胱炎を繰り返すのは抗生物質の影響かもしれません

投稿日:2017年3月28日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、膀胱炎を繰り返す患者様の例です。

膀胱炎

3dman_eu / Pixabay

膀胱炎を繰り返すのは抗生物質が影響しているかもしれません

以前、フィシオエナジェティック検査で調べると膀胱炎で抗生物質を使った方が耐性菌の問題で微熱が続いている方がおられました。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

抗生物質を使って膀胱炎が悪化する理由として考えられること

  • 抗生物質を使用することにより耐性菌ができる(実際に院内感染の原因にもなる耐性菌が血液検査で見つかった方もおられました)
  • 抗生物質を使用することにより陰部に住み着く乳酸菌などの善玉菌が減る(膣や陰部の乳酸菌が少ないと膀胱炎になりやすいというデータもあります)
  • 尿道や膀胱粘膜に住み着いている善玉菌が減る?(一般的ではないですが、私の勝手な想像です)
  • 膀胱にカンジダ菌が増える。カンジダ菌が出す毒素により悪玉細菌が増えやすくなる。

など

ただし、耐性菌は西洋医学での対処は難しいですが、自然療法での対処は意外と簡単です。

膀胱炎の対処法

ニンニクやクランベリーで対処できるケースも多いです(ニンニクやクランベリーが合わない人もいるので長期の摂取は注意しましょう)。

クランベリー

ナウフーズ(Now Foods) クランベリー濃縮 100カプセル [海外直送品]
B009NN6QIK

スーパーオドレスガーリック (無臭にんにく)

スーパーオドレスガーリック 180カプセル
B000BY6B3A

リンゴ酢

りんご酢も尿を酸性にしてくれるので細菌を減らすことができるかもしれません。

内堀醸造 純りんご酢 500ml
B0042JQSBK

 

腸内や膣内の乳酸菌が少ないと膀胱炎になりやすくなると言われています。乳酸菌がいなくなると、悪玉の細菌が多くなるからですね。

乳酸菌Gr8(FOS:フラクトオリゴ糖入り)

GR-8 善玉菌ミックス(プロバイオティクス) 海外直送品
B0013OVZLU

 

 

尿道にも乳酸菌などの善玉菌が住んでいますので、抗生物質を使って善玉菌をやっつけるのはどうなんでしょうね!?

 

 

工夫して良くならない繰り返す膀胱炎でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-フィシオエナジェティック臨床例, 内臓疾患

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.