池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 糖尿病 薬の副作用

糖尿病薬でアシドーシス(ケトーシス)?

投稿日:2022年7月26日 更新日:

こんにちは、大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

先日、糖尿病の方をフィシオエナジェティックで調べると急にアシドーシスの症状を示しました。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

糖尿病薬でアシドーシス(ケトーシス)?

症状としては倦怠感とふらつきです。

ちなみにアシドーシスとは血液のPhが下がりすぎるつまり酸性に傾いている状態のことです。

⇒ アシドーシスについて詳しくはこちら

 

今まで全然なかったのに・・

もしかして薬を変えました?

「違うタイプの薬に変えました」とのこと。

聞いてみると、SGLT2阻害薬という種類の新しい糖尿病薬とのこと。

腎臓でのグルコースの再吸収を阻害する薬だそうです。

糖尿病薬

 

ケトーシスとは?

心配になって調べてみるとこんな記事を見つけました。

https://goodcycle.net/fukusayou-kijyo/0035/

ケトアシドーシス(ケトーシス)を引き起こすんですね。

『糖尿病ケトアシドーシスは、糖尿病の高血糖性の急性代謝失調で、インスリンが欠乏したり、コルチゾル・アドレナリンなどのインスリン拮抗ホルモンが増えると、インスリンの作用が弱まって急に発症します。

インスリンが不足すると、血液中のブドウ糖を代謝できなくなり、高血糖状態になります。すると、体はその代わりに脂肪を分解してエネルギーをつくり出します。このときに副産物としてつくり出されるケトン体が血液中に急に増える(ケトーシス)ことで、血液が酸性になり(ケトアシドーシス)、体に異常が発生するというしくみです。』

 

糖尿病にはいろんなタイプの薬があります。

ネットで調べると新世代の期待されている薬だそうですが、お医者様に副作用ではないか、と言っても、違うと言われたそうです。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-フィシオエナジェティック臨床例, 糖尿病, 薬の副作用
-,

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2022 AllRights Reserved.