池田市の整体院/カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 動脈硬化症 血管障害

乳酸菌も体内に入ったらただのバイ菌です~腸内細菌が動脈硬化の原因になる?~

投稿日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は腸内細菌が動脈硬化の原因になる、という話しです。

動脈硬化

mcmurryjulie / Pixabay

 

乳酸菌も体内に入ったらただのバイ菌です~腸内細菌が動脈硬化の原因になる?~

乳酸菌も体内に入ったらただのバイ菌です。

っていうと「えっ、乳酸菌っていたほうがいいんじゃないの」と思われる方がほとんどだと思います。

結論から言うと乳酸菌がいて役に立つのはあくまで体外なんです。

でも腸内は体内じゃないの、と思う方もいると思います。

結論を言うと、口から肛門までの粘膜はすべて皮膚と同じで体外なんです。

腸内細菌は体内に入ってはいけないんです。

ところが、最近、腸内細菌が体内に入ることが動脈硬化の原因になることが、研究によってわかってきています。

不適切な食生活により腸内細菌が体内に取り込まれ、脾臓からIgG/IgG3という抗体が分泌されることで動脈硬化が促進される

https://www.carenet.com/news/general/hdn/48448 より引用)

 

じゃあ乳酸菌は取ったらだめなのか、というとそうではありません。

乳酸菌や乳酸菌の生成物質が悪玉細菌の増殖を抑え、小腸のバリアを強化するからです。

近年、動脈硬化の進展に腸内微生物叢が重要な影響を及ぼしているとの報告が見られるが、乳酸菌などのプロバイオティクスの摂取によって、冠動脈疾患患者の血管内皮機能にどのような影響があるかについては明らかになっていない。そこで、冠動脈疾患患者に1日1回乳酸菌飲料を摂取してもらったところ、わずか6週間で血管内皮機能が改善し、炎症性サイトカインが減少することが示された。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/flash/aha2015/201511/544544.html より引用)

 

腸内細菌の体内侵入は血管だけではなく関節炎などさまざまな体内炎症につながります。

腸内細菌が体内に侵入しやすい状態のことをリーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)と呼びます。

⇒ リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)について詳しくはこちら

 

動脈硬化の臨床例

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-フィシオエナジェティック臨床例, 動脈硬化症, 血管障害
-

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2020 AllRights Reserved.