池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 リーキーガット(Leaky Gut)

リーキーガットは嘘?トンデモ医療?

投稿日:2022年3月24日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

リーキーガットを否定する論文があるそうです。

⇒ リーキーガット症候群について詳しくはこちら

 

リーキーガット症候群がトンデモ医療だ、と言っている人がいます。

では皮膚から吸収される経皮吸収薬もトンデモ医療ですね。

 

医学論文

 

 

人は外からできるだけ異物が入らないように皮膚や粘膜で守られています。

それでも完全に守ることはできず、分子の小さいものは皮膚から吸収されます。

人体の皮膚や粘膜の中で唯一栄養を吸収しなければならない場所が小腸です。

 

リーキーガットは嘘?トンデモ医療?

リーキーガット症候群はトンデモ医療かどうかを考えるにあたってまずはリーキーガットについて簡単に説明します。

 

リーキーガット症候群とは?

小腸には表面に絨毛という小さな突起があり、さらに絨毛の表面には細やかな突起があります。

ここから消化されて細かい分子になった栄養素が体内に吸収されます。

腸壁の絨毛部分がで炎症を起こしてしまうと、栄養を吸収する穴が大きくなりすぎる場合があります。普通は消化できていない大きな分子は吸収しません。

しかし、小腸の栄養を吸収する穴が大きくなってしまうと、未消化のたんぱく質や細菌・ウイルス・重金属・化学物質などの異物までも取り込まれてしまい、アレルギーや免疫力低下、関節炎などの原因となります。

こういう大きな分子は本来血液中には存在しないので、防御のためにアレルギー反応が起きてしまうのです。

また、細菌やウイルスなどを取り込んでしまい感染症を起こしやすくなったり、免疫力低下の原因になります。

また、このような異物や細菌の処理のために肝臓や腎臓に過剰な負担がかかります。

このような症状を、漏出性消化管症候群「リーキーガット症候群(Leaky Gut)」といいます。

 

 

まだリーキーガットは医学的に認められていないからって、トンデモ医療とバッサリ切ってしまうのはどうなんでしょう?

 

リーキーガットが嘘だとしたら、以下の問題は嘘なんでしょうか?

  • ではそもそも皮膚から毒素は吸収されないの?
  • 経皮吸収型の薬は意味ないの?
  • 健康な皮膚と荒れた皮膚、毒素の吸収や細菌の侵入に差はないの?

詳しく論文を読んだことはありませんが、嘘という方が不自然では?

 

皮膚と消化管の役割

基本的に皮膚と消化管は内と外の境界線でもあります。

未消化のタンパク質や細菌などの異物が体の中に入ってこないように、粘膜・上皮細胞やリンパ組織によってガードされています。

その中で栄養素を吸収する場所は小腸のみで、それ以外はできるだけ外から細菌や物質が入り込まないようにガードしています。

 

ほぼ唯一の吸収器官である小腸では、未消化のタンパク質や細菌などが入ってこないようにそして間違って入ってきたものを免疫系が守っています。

実際には、小腸以外からも物質は入ってきますが、皮膚組織・粘膜組織や上皮組織によって、かなりがガードされていますので、ごくごく微量です。

例えば、その皮膚が傷ついたり荒れていたりすると、そこから細菌が入って膿んでしまったり、物質(毒素)が体内に入ってきて強烈にしみたりします。

同じようなことは小腸でも当然のことながら起こります。

食べ物に混ざって、いろいろな異物や細菌、毒素が入ってきます。

栄養はできるだけ吸収して、異物はできるだけ吸収したくないのです。

小腸は「第2の脳」とも言われるようにたくさんの神経細胞が、必要なものと必要でないものを分析し、必要なものだけを吸収しているのです。

ただそれだけのことなのに、それを否定するのはおかしくない?、ってことです。

上記の説明だけ考えてもリーキーガットがトンデモ医療ではないことがわかりますよね。

 

 

経皮吸収

経皮吸収型薬剤はたくさんの種類がありますが、それは皮膚から吸収されることによりいち早く薬剤が全身に回るという作用を利用したものです。

経皮吸収消炎鎮痛薬(シップ)は有名ですよね。

心臓の薬ニトログリセリンは口腔粘膜から吸収され瞬時に作用します。

口から摂ると小腸で吸収され、肝臓の解毒を超えてようやく作用するので時間がかかるのです。

 

リーキーガットは確実にあります

荒れた皮膚から普段は吸収されないようなものが吸収されてしまったり細菌が入ったりするのと同じように、小腸が荒れている状態がリーキーガット症候群です。

リーキーガットは確実にあります。

 

リーキーガット症候群に関する記事

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-フィシオエナジェティック臨床例, リーキーガット(Leaky Gut)

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2023 AllRights Reserved.