池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 ヘルニア

椎間板ヘルニアの原因(まとめ)~椎間板ヘルニアは治るのか~

投稿日:2020年10月23日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅のホリスティック治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は椎間板ヘルニアのお話しです

椎間板ヘルニアは治るんでしょうか?

 

ヘルニア

 

 

椎間板ヘルニアは治るのか

ヘルニアとはもともと「飛び出す」という意味です。

体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指します。

ヘルニアは椎間板ヘルニアだけではなく、

  • 鼠径ヘルニア(脱腸)
  • 食道裂孔ヘルニア(横隔膜ヘルニア)
  • 脳ヘルニア

などがあります。

 

本日は、椎間板ヘルニアは治るのかを考えるにあたって、まず椎間板ヘルニアのお話しをします。

 

椎間板ヘルニアとは?

まずは椎間板の構造について説明します。

 

椎間板とは?

椎間板は背骨を構成する椎骨の間にある軟骨で、椎骨にかかる衝撃を吸収するクッションの役割があります。

中心部にゼリー状の髄核があり、周囲を線維輪という丈夫な組織が取り囲んでいる弾力性のある組織です。

 

椎間板ヘルニアの仕組み

椎間板ヘルニアは、何らかの原因で線維輪が破れたり、ひび割れて中心部の髄核が飛び出すことによって起こります。

腰椎に起こるものを「腰椎椎間板ヘルニア」、胸椎に起こるものを「胸椎椎間板ヘルニア」、頚椎に起こるものを「頚椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

胸椎は肋骨で囲まれているので、比較的丈夫ですので、あまり起こりません。

「腰椎椎間板ヘルニア」の場合、飛び出した髄核が後方にある神経根を圧迫したり刺激したりするため、腰や足に強い痛み(坐骨神経痛)が出るのです。腰や太もも、足の甲・親指、膝下外側などに痛み・しびれ・運動困難・感覚異常が起こります。

多くは第4腰椎、第5腰椎と仙骨の間で起こります。重いものを持った状態でからだをひねる動作が椎間板への一番負担が大きく、損傷の原因になります。

仰向けの状態で、膝を伸ばした状態で脚を上げていくと、痛みが強くなるのが特徴です。痛みが増強しない場合は梨状筋症候群の可能性があります。多くの場合は指の筋力低下や知覚障害が起こります。

 

椎間板ヘルニアの原因

フィシオエナジェティック検査で椎間板ヘルニアの原因を調べると、その原因はさまざまです。

などなど、さまざまな要因が関連します。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

椎間板ヘルニアは治すには、これらの問題を解決していく必要があります。

 

原因不明の椎間板ヘルニアは治るのかお悩みの方、ぜひご相談ください。

椎間板ヘルニアの臨床例

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-フィシオエナジェティック臨床例, ヘルニア

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2021 AllRights Reserved.