池田市の整体院/カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 ヘルニア 栄養療法

椎間板ヘルニアの原因がL-プロリン不足!?

投稿日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は椎間板ヘルニアのお話しです。

ヘルニア

mikeingram1 / Pixabay

椎間板ヘルニアの原因がL-プロリン不足!?

フィシオエナジェティック検査で椎間板ヘルニアの原因を調べると、L-プロリンというアミノ酸が不足していることがあります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

本日はL-プロリンについて説明します。

L-プロリンとは?

タンパク質を構成する非必須アミノ酸の一種で、グルタミン酸から合成されます。

L-プロリンの役割

  • コラーゲンの合成促進
  • 表皮細胞増殖促進
  • 角質層保湿作用
  • 脂肪燃焼効果(リパーゼの活性)
コラーゲンとは?

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、体の組織をしっかり結びつける結合組織の構成要素です。

コラーゲンは全身にあります。

  • 血管
  • 筋肉
  • 関節成分
  • 軟骨(椎間板、半月板、関節円板など)
  • その他膜組織

など、全身にあります。

L-プロリンが不足すると…

  • 皮膚の傷が治りにくくなる
  • 関節痛(膝関節痛・顎関節痛など)
  • 椎間板の劣化 ⇒ 椎間板ヘルニア
  • 肌の乾燥や肌荒れ・シワ
  • 骨折しやすくなる
  • 尿漏れ(骨盤隔膜の劣化)
  • 心筋梗塞

など

L-プロリンを含む食べ物

  • 肉類
  • 魚介類

など

L-プロリン(サプリメント)

以下の栄養素はすべての人に合うわけではありません。自己判断で摂取する場合は1か月以上の長期摂取は控えてください。

 

 

椎間板ヘルニアに対して当院でできること

当院のフィシオエナジェティックは、クライアント様、お一人、お一人の身体の声を聴き、椎間板ヘルニアの根本原因を探ります。

椎間板ヘルニアの原因はさまざまです。

  1. 構造的問題(骨格の歪み、筋肉、筋膜、靭帯、椎間板など)
  2. 化学的問題(栄養の問題、感染症、毒素、アレルギーなど)
  3. 精神心理的問題(ストレス、感情、トラウマなど)
  4. 情報伝達の問題(経絡の流れ、電磁波、土地のストレス、瘢痕組織など)
  5. オーラ、チャクラなどエネルギー的問題

これらの問題を取り除くオーダーメイド治療をしています。

フィシオエナジェティックコースでは、椎間板ヘルニアに対して必要な治療法、必要なハーブや栄養素をどのくらいの期間どのくらいの量摂取するといいのかを調べます。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくこちら

 

椎間板ヘルニアの臨床例

 

 

原因不明の椎間板ヘルニアでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-フィシオエナジェティック臨床例, ヘルニア, 栄養療法

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2019 AllRights Reserved.