池田市の整体院/カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

花粉症

花粉症の原因~9月10月の花粉症はイネ科の花粉症かも~

投稿日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅のホリスティック療法治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

9月~10月にも花粉症はあります。

 

9月10月の花粉症はイネ科の花粉症かも

9月10月の花粉症はイネ科の花粉症かもしれません。

イネ科の植物は春から秋まで長期間影響します。

 

イネ科の花粉症

花粉症の原因になるイネ科の植物は、

  • カモガヤ
  • ネズミホソムギ
  • オニウシノケグサ
  • ハルガヤ
  • オオアワガエリ

などの雑草です。

 

イネ科の花粉症以外にも9月・10月の花粉症として

  • ブタクサ花粉(8月~10月)
  • ススキ花粉(8月~10月)
  • カナムグラ花粉(8月~11月)
  • キク花粉(8月~11月)
  • よもぎ花粉(8月~11月)
  • アキノキリン草(セイタカアワダチソウ)花粉(10月~11月)

などがあります。

 

9月10月のイネ科の花粉症と病院で診断されているのに、当院のフィシオエナジェティックではアレルギーと出ない人もいます。なぜでしょう?

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

イネ科の花粉症

Couleur / Pixabay

 

花粉症の原因(アレルギーではない場合も関係します)

花粉アレルギーの原因として多いのは

  1. 粘液分泌の問題(アセチルコリン不足など)
    ⇒ アセチルコリンについて詳しくはこちら
  2. 粘膜の問題(必須脂肪酸不足ビタミンA不足)など
  3. カンジダ真菌やカビの感染(湿気が多い時に症状が出やすい)
    ⇒ カンジダ真菌について詳しくはこちら
  4. 抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬の副作用

などです。

花粉は大気中のゴミ、汚染物質、重金属などを引っ付けてやってきます。黄砂も同じですね。

ですので、花粉症は花粉の多い田舎には少なく、都会に多いのですね。

ということは、ある程度は人間の防御反応ですので、当たり前の反応ですし、正しい反応とも言えます。

もしその反応が無ければ、肺にどんどん異物が入っていきますし、有害物質が腸に入っていくことになるのです。

 

抗アレルギー剤は花粉症を悪化させます

抗アレルギー剤には、神経伝達物質アセチルコリンを減らす抗コリン作用があります。

アセチルコリンが減ると、粘膜防御に重要な粘液が出なくなってしまうのです。つまり粘膜防御が弱くなって異物がどんどん肺に入っていくことになるのです。

 

花粉アレルギーの場合

花粉アレルギーがあれば、その防御反応が倍増しますので、もちろん治さなくてはいけませんよ。

⇒ アレルギー治療についてはこちら

 

 

 

9月10月の花粉症はイネ科の花粉症かもしれません。9月10月の花粉症でお困りの方、是非ご相談ください。

そのほか花粉症に関するブログ記事

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-花粉症

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2020 AllRights Reserved.