腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

花粉症

タバコを吸うと花粉症になりにくいって本当!?

投稿日:2018年3月22日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅の自然療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、花粉症についての話題です。

タバコを吸うと花粉症になりにくいって本当!?

先日、患者様からこんなことを質問されました。

「タバコを吸うと花粉症になりにくいって聞いたのですが、本当ですか?」

私は聞いたことがありませんでした。

タバコ

realworkhard / Pixabay

 

でも、よく考えてみると、、、ありえるかもしれません。

もしあるとしたら、こういう仕組みかもしれません。

例えば、私は1回だけタバコを吸ったことがあります。

でも、、、、

むせるばかりで、全然吸うことができませんでした。

これは本来は普通のことで、煙が入ってきたら反射的に煙を外に出そうとするのが普通なのです。

でも、それを繰り返していると、、、、慣れてくるんでしょうね。

煙というゴミ(毒素)が入ってきても反応しなくなるのです。

 

花粉症とPM2.5が重なると最悪です

花粉は、大気中のごみを引っ付けてやってきます。

例えば、PM2.5と花粉の時期が重なると最悪です。花粉は大量の重金属などのゴミを引っ付けて降りてきます。

都会のほうが花粉症が多いと言われるのは、これが原因です。

PM2.5

Pexels / Pixabay

 

ゴミが引っ付いた花粉がやってくると、

鼻を出して外に出そうとします。
涙を出して外に出そうとします。
咳を出して外に出そうといます。
痰を出して外に出そうとします。

当たり前のことですよね?

でも、タバコを吸っている人は、ゴミが入ってきても反応しない、ということが考えられます。

重金属などのゴミは肺に蓄積したり、吸収されて体内に入って解毒能力の低い人は蓄積します。

恐ろしいですね。

 

花粉の季節は花粉情報だけではなく、PM2.5情報と合わせてみたほうがいいかもしれませんね。

⇒ 花粉情報

⇒ PM2.5情報

 

花粉症に対して当院でできること

当院のフィシオエナジェティックは、クライアント様、お一人、お一人の身体の声を聴き、花粉症の根本原因を探ります。

花粉症の原因はさまざまです。

  1. 構造的問題(骨格の歪み、筋肉、筋膜、靭帯、椎間板など)
  2. 化学的問題(栄養の問題、感染症、毒素、アレルギーなど)
  3. 精神心理的問題(ストレス、感情、トラウマなど)
  4. 情報伝達の問題(経絡の流れ、電磁波、土地のストレス、瘢痕組織など)
  5. オーラ、チャクラなどエネルギー的問題

これらの問題を取り除くオーダーメイド治療をしています。

フィシオエナジェティックコースでは、花粉症に対して必要な治療法、必要なハーブや栄養素をどのくらいの期間どのくらいの量摂取するといいのかを調べます。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

その他、花粉症の臨床例

 

 

治らないの花粉症でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-花粉症

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.