池田市の整体院/カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 副腎疲労症候群

アドレナリン不足で気力が出ない!?

投稿日:2020年12月9日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅のホリスティック治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

フィシオエナジェティック検査で気力が出ない原因を調べると、アドレナリンが不足しているケースがあります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

アドレナリン不足で気力が出ない!?

気力が出ない

 

アドレナリンとは?

アドレナリンとは副腎髄質から分泌される血圧上昇作用のあるホルモンです。神経伝達物質でもあります。

エピネフリンとも呼ばれるカテコールアミンの1つ。

アドレナリンは危機・不安・恐怖・怒りなどの感情やストレスによって交感神経の作用が高まると副腎から分泌され、その感情やストレスに対応します。

 

アドレナリンの作用

  • 心拍や血圧を上げて血流を上げ戦ったり逃げたりできるように対応
  • 血糖値の上昇させ筋肉が使えるようにする
  • 痛みを感じにくくする
  • 気管支を拡張し呼吸を助けます。
  • 瞳孔を開かせ、感覚を高めます。

など。

この作用を利用して、強心剤や血圧上昇剤として用いられるほか、血管収縮薬や、麻酔薬、気管支喘息発作時の気管支拡張薬としても使用されます。

アドレナリンはチロシンを原料として、ドーパミンから作られ、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)から変換されます(チロシン → ドーパミン → ノルアドレナリン → アドレナリン)。

副腎疲労によってアドレナリンが不足すると様々な症状につながります。

⇒ 副腎疲労について詳しくはこちら

 

アドレナリンが不足すると・・・

  • 心拍数や血圧の低下(動けなくなる)
  • 気力が出ない
  • 元気が出なくなる
  • 息苦しい
  • 痛みが感じやすくなる
  • カフェイン、アルコールなどが欲しくなる

など。

 

もちろん、アドレナリンの過剰分泌も問題になります。

 

アドレナリンが過剰になると・・・

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 不眠症
  • 動悸
  • 動脈硬化(心筋梗塞、脳卒中など)
  • 血管が詰まりやすくなる
  • 多汗症

など。

 

そのほか副腎疲労に関するブログ記事

 

気力が出ない症状や動けない症状でお悩みの方、もしかしたらアドレナリン不足が関係しているかもしれません。ぜひご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-フィシオエナジェティック臨床例, 副腎疲労症候群
-

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2021 AllRights Reserved.