腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 栄養療法 眼精疲労

眼精疲労の原因はビタミンA不足かもしれません

投稿日:2017年2月17日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、眼精疲労の原因になる問題について説明します。

眼精疲労

Myriams-Fotos / Pixabay

眼精疲労の原因がビタミンA不足!?

眼精疲労の原因をフィシオエナジェティックで調べると、眼精疲労の一因としてビタミンA不足というケースがあります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

ビタミンA不足の原因は甲状腺機能低下によるビタミンA合成不全が多いです。

ビタミンAをβカロテンやαカロテンから合成するには、甲状腺ホルモンが不可欠なのです。

ビタミンAはこのような役割があります

  • 皮膚や粘膜を正常に保つ
  • 暗順応や視力を保つ(網膜成分)
  • 病気の感染に対して抵抗力を増す(粘膜)
  • 子供の歯・歯茎や骨の成長に関与
  • 毛髪に関与
  • 抗酸化作用
  • 甲状腺機能亢進症の治療
  • 肺気腫の治療を助ける
  • DNAの修復

ビタミンAが不足すると・・・

  • 夜盲症
  • 眼精疲労
  • 眼球乾燥症(ドライアイ)
  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 口内炎
  • 角質軟化症
  • 感染症
  • 鼻水(ドライノーズ)
  • ドライマウス
  • 歯の変色
  • 腎臓結石

ビタミンAを含む食材

  • うなぎ
  • 魚介類
  • レバー
  • 肝油(タラ肝油など)

ビタミンAが不足する原因

βカロテンやαカロテンの摂取不足

ナチュラルベータカロテン 90ソフトカプセル (海外直送品)
B0011FPJBS

 

※ベータカロチンとして摂取しても甲状腺機能が落ちていると合成されません。摂取したベータカロチンは色素として皮膚に沈着してしまい、皮膚が黄色くなります。特に人参ベースの野菜ジュースは要注意です。

甲状腺機能低下

甲状腺

βカロテンやαカロテン を使ってビタミンAを体内で合成するには甲状腺ホルモンが必要です。

⇒ 甲状腺ホルモンについて詳しくはこちら

抗コレステロール剤はビタミンAの合成を阻害

抗コレステロール剤がビタミンAの合成を阻害するケースがあります。

ビタミンAをサプリメントで摂取する時の注意点

[海外直送品] ナウフーズ ビタミンA 10000 IU (フィッシュリバーオイル) 100ソフトカプセル
B0001SQXH0

 

※取りすぎは肝臓の問題や胎児奇形などに影響(妊娠の可能性のある方は取ってはいけません。前駆物質であるベータカロチンはOKです。)

 

このような問題がありますので自己判断でのビタミンA摂取は注意しましょう!!特に妊娠の可能性のある方はダメです!!

 

眼精疲労の原因はビタミンA不足だけではありません。原因不明の眼精疲労でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-フィシオエナジェティック臨床例, 栄養療法, 眼精疲労

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.