池田市の整体院 関西カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体院

池田市の整体院【関西カイロプラクティック】

おすすめ健康本 フィシオエナジェティック臨床例 貧血

貧血だとなぜ長生きできるのか?~女性が長寿な理由~

投稿日:2022年1月24日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は面白い本を一冊ご紹介します。

『宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 』(講談社現代新書) 新書
吉田 たかよし (著)

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議
宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書) [ 吉田 たかよし ]

 

 

貧血だとんなぜ長生きできるのか?

この本の中で特に面白かったのが「鉄をめぐる人体と病原菌の壮絶な戦い」の章です。

結論からいうと、人体が意図的にわざと貧血にしている、ということが最新の研究でわかった、という話しです。

鉄は地球上で一番多い鉱物なので、本来その鉄を取り入れるのは簡単なことです。

ところが鉄は諸刃の刃で病原菌の栄養にもなってしまうんです。

そこでトランスフェリンというたんぱく質が鉄と協力に結合することで病原菌に鉄を奪われないようにしているそうです。

鉄が少ないというのは、人体の細胞にとってもつらいことです。

ただし、感染症で死ぬよりはるかにましです。

そこで死なない程度にわざと鉄を減らすことにした、というのです。

実際に細菌に感染すると肝臓がヘプシジンという物質を作り腸粘膜からの鉄の吸収を抑えているそうです。

⇒ ヘプシジンについて詳しくはこちら

 

医学会の中で初めて感染症と鉄の関係を指摘したのがフランスの内科医で1861に発表されたそうです。

結核患者が鉄不足になっているので、鉄剤を投与すると結核患者の容態が悪化することを発見しました。

はっきり認められたのはその1世紀後で、ソマリアの難民キャンプで貧血の治療に鉄剤を使った患者に深刻な結核やマラリア、ブルセラ症といった感染症に次々にかかってしまったことからアメリカの教授が証明したそうです。

毎月月経があるのも、子宮を清潔な状態に保つことで、卵管采からの病原菌の進入を阻止することが理由とされていますが、さらに鉄分が少ない状態に維持することで病原菌が繁殖しにくい環境を保っているそうです。

 

女性が長寿な理由

長寿

当院での臨床では鉄不足は女性に多いです。

おそらく女性の経血にも大きな意味があるんだとは思います。

鉄不足が女性が長生きである理由ではないか、という説もあるそうです。

今のところ、女性が長寿である理由は私もわかりませんが鉄不足が理由である可能性はありますね。

 

鉄というミネラルは本当に不思議ですね。

 

男性はもともと戦いによって血を抜いていた

女性は経血によって、男性はもともと戦いによって血を抜いていたと言われています。

でも男性はほとんど血を流すことが無くなってきたため、男性のほうが早く死ぬということは考えられます。

この本には瀉血療法という治療法についても書かれています。

昔から世界中で行われている治療法で中世のヨーロッパではさかんに行われていたようです。

 

現在でも行われている瀉血

瀉血療法は、現在でも行われているところはあるようです。

瀉血(輸血)によって血液を抜くと、ヘモグロビンが減ります。

減少したヘモグロビンを補うため血を造ろうとし、造血作用が働きます。

そのとき、肝臓に過剰に蓄積された鉄が造血に使用され、肝臓の中の鉄が減少するという治療法です。

女性の経血はまさに瀉血療法ですね。

女性にとっては大変なことでしょうが・・・

 

鉄の害

当院でのフィシオエナジェティック検査でも、鉄剤や鉄のサプリメントで胃の細菌が増えてしまっている方が多く見られます。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

それだけではなく肝臓に鉄がたまり、その鉄が活性酸素を大量に発生させ、疲労感の原因になったり、肩こりになったり、例えばヘルペスウイルス活性化などの免疫力低下につながっている方もいます。

肝臓にたまった鉄は、活性酸素を発生させ肝硬変を引き起こす原因にもなるようです。

当院の臨床では自己免疫疾患や免疫の暴走(子宮内膜症や喘息など)に関係している可能性があります。

 

鉄は弱っている肝臓には毒である~鉄剤のリスク~

当然ながら、鉄剤や鉄のサプリメントを摂るのは注意が必要です。

鉄剤にはリスクがあるからです。

そのリスクをまとめると、

  • 悪い細菌を増やす(胃の細菌を増やすので胃がんの原因にもなります。)
  • さび付いて活性酸素を大量に発生させる ⇒ 動脈硬化の原因にもなりますし、甲状腺や脾臓・副腎などの内臓機能低下にもつながります。
  • 肝臓に負担をかける(肝臓の鉄リサイクル機能に負担をかけます)

この本には最後に「先進国では抗生物質があるので、鉄を補給しても大丈夫」と書かれていますが、これはどうなんでしょうね?

 

この章には他にも、

  • 貧血の多い遊牧民に鉄剤を与えたら貧血は減ったものの感染症が蔓延した事例。
  • 母乳に多く含まれるラクトフェリンは鉄結合力が強く、赤ちゃんを細菌感染から守っている。

などの情報も書かれています。

 

体調が悪く食欲のない時に元気をつけさせようとして、栄養を無理やり取らせるのは逆効果になります。

細菌性の風邪の場合、細菌が増えます。

風邪の時に食欲がなくなるのは鉄を絶って細菌が増えないようにするためなのです。

胃にピロリ菌などの細菌が増えると食欲がなくなるのもそのためなのです。

 

貧血の臨床例

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
★大阪・豊中・箕面・茨木・吹田・高槻・京都・堺市・尼崎・宝塚・川西・伊丹・西宮・芦屋・三田市・神戸・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-おすすめ健康本, フィシオエナジェティック臨床例, 貧血
-

Copyright© 池田市の整体院【関西カイロプラクティック】 , 2022 AllRights Reserved.