腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

アレルギー フィシオエナジェティック臨床例 花粉症 過敏性腸症候群(IBS)

この時期に続く下痢症は花粉症かもしれません

投稿日:2017年4月11日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は豊中市からお越しの、下痢症でお悩みの患者様の例です。

下痢症

この時期に続く下痢症は花粉症かもしれません

下痢症の原因をフィシオエナジェティック検査で調べると

でした。

フィシオエナジェティック

吸い込んだ花粉はほとんどは肺に行きますので、咳や痰によって外に出されます。しかし一部は口や鼻の粘膜から腸に流れていきます。腸に行ってしまった花粉がアレルギー反応を起こし下痢症を引き起こしていたことが考えられます。

そもそも花粉はなぜアレルギーになりやすいのでしょうか?

花粉は大気中の有害物質やほこりなどを吸着するため、花粉だけではなくさまざまな物質が体内に入ってきます。ですのでヒトにとっては害になるので咳や痰で排出する必要があるのです。

都会の方が花粉症になる確率が高いのは空気が悪いからですね。

その異物が腸に行ってしまっても小腸の機能が100%であれば異物は吸収されずそのまま排出されるか、一部吸収されても肝臓が強ければ解毒されます。

その小腸の壁と肝臓の壁を潜り抜けた異物は抗体によって排除されます。アレルギーですね

花粉症の3割が下痢症!?

花粉症の人の3割の方は下痢症を伴うという統計データも見たことがあります。

花粉症は交差反応として果実などにアレルギー反応がでることもあるため要注意です。

  • スギ・ヒノキ ⇔ トマト
  • シラカバ ⇔ バラ科(リンゴ、モモ、チェリー、ナシ、イチゴ、ウメ)、キウイ、ニンジン、セロリ、
    クルミ
  • ブタクサ ⇔ スイカ、メロン、キュウリ、バナナ、にんじん
  • カモガヤ ⇔ メロン、オレンジ、トマト、すいか、きゅうり、バナナ、セロリ、
    ジャガイモ
  • ヨモギ ⇔ リンゴ、キウイ、ニンジン、セロリ

花粉症に対してよく使うハーブ

山本漢方製薬 甜茶100% 3gX20H
B000FQTE60

※すべての人に役立つわけではありません。合わない人もおられますので、体調をみながら摂取してください。

 

もしかしたらあなたの下痢症は花粉が影響しているかもしれません。原因不明の下痢症でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

 

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-アレルギー, フィシオエナジェティック臨床例, 花粉症, 過敏性腸症候群(IBS)

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.