池田市の整体院/カイロプラクティック「治らない」でお困りの症状専門整体

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオ検査項目 身体構造(筋肉・筋膜・関節・靭帯など)

脳脊髄液の循環障害・脳脊髄液の流れは重要です。~脳脊髄液の役割~

投稿日:2020年10月30日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市/阪急宝塚線池田駅のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】 IBA認定ボディートーク施術士(CBP)の鹿島 佑介です。

当院でおこなっているボディートーク療法の中でよく出てくる問題として脳脊髄液の流れの問題があります。

⇒ ボディートーク療法とは?

脳脊髄液という言葉は一般的にはあまり聞かないと思いますので、簡単に説明したいと思います。

 

脳脊髄液の流れ

toubibe / Pixabay

 

 

脳脊髄液とは?

脳脊髄液とは、脊髄や脳を取り囲んでいる空間を循環する無色透明な体液(リンパ液の一種)です。

この脳と脊髄は髄膜という膜に おおわれていて、この膜の間を脳脊髄液が循環しています。

髄膜は3層の膜から構成されており、1番外側が硬膜、次にくも膜、最も内側が軟膜です。

そして脳脊髄液は、このくも膜と軟膜の間のくも膜下腔という隙間を循環しています。

脳脊髄のリンパ液的な役割がありますが、通常はリンパ系とは別の独自の循環系です。

 

脳脊髄液の役割

  • 脳や脊髄を外傷や身体的衝撃から保護する
  • 脳の水分含有量を調節する
  • 神経伝達物質やホルモン、栄養素、老廃物などを輸送する

 

脳脊髄液の循環

脳脊髄液は側脳室の脈絡叢(みゃくらくそう)で産生・分泌されます。その量は日量約500mlで、脳内を循環します。

全髄液腔の容積は約150mlですので、1日で3~4回入れ替わります。髄液は主に上矢状静脈洞内に突出するクモ膜顆粒で吸収され静脈に戻ります。

 

 

脳脊髄液の流れが悪くなると・・・

脳脊髄液の循環不全は頭痛などの不定愁訴の原因になります

  • 頭痛
  • 脳機能低下(抑うつ症状などの精神症状、頭がぼーっとする、記憶力低下)
  • 自律神経機能低下(胃腸障害など)
  • 内分泌機能低下(視床下部 ⇒ 下垂体 ⇒ 甲状腺機能低下 ⇒ 副腎機能低下)

 

なぜ脳脊髄液の循環が悪くなるのか?

脳脊髄液の循環が悪くなるのは理由があります。

 

上部頸椎部の歪みにより流れが阻害される

頭蓋骨の動きや背骨から尾骨の動き合わせて流れています。その動きに問題があると流れが悪くなります。

頭蓋骨の動きの中でも一番重要な部分がSBジャンクション(SBS)です。

⇒ SBジャンクションについて詳しくはこちら

 

脳の血流不足

脳脊髄液は血液からつくられます。

脳の血流が悪くなり血液が不足すると、脳脊髄液も減少します。

 

脳の動脈や静脈(静脈洞)の流れの問題

側脳室へ行く血液循環が悪いと、脳脊髄液が作られなくなります。

脳脊髄液が出ていく静脈洞の循環が悪くなると脳脊髄液の吸収がうまくいかなくなります。

 

 

原因不明の頭痛などの不定愁訴の原因はもしかしたら脳脊髄液の循環不全かもしれません。お気軽にご相談ください。

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
【Twitter】
心と体の整体院【関西カイロプラクティック】
【Instagram】
関西カイロプラクティック
【googleマイビジネス・グーグルmap】
関西カイロプラクティック
 
友だち追加
 

-フィシオ検査項目, 身体構造(筋肉・筋膜・関節・靭帯など)
-,

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2020 AllRights Reserved.