腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

アレルギー 花粉症

寒暖差アレルギーで喘息・花粉症がひどくなる患者様/大阪市より来院

投稿日:2017年4月10日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、寒暖差アレルギーで喘息・花粉症がひどくなる患者様の例です。

寒暖差アレルギーで喘息・花粉症がひどくなる患者様

症状としては

  • 喘息・花粉症
  • 温度差があるときに悪化する(寒暖差アレルギー)

寒暖差アレルギーというのは実際のアレルギーではなく寒暖差によって何かのアレルギーがひどくなるという事です。

フィシオエナジェティック検査で寒暖差アレルギーで喘息・花粉症がひどくなる原因を調べると

でした。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

結果どういうことかというと、鼻腔と副鼻腔にカンジダ真菌感染があり、さらにカンジダ真菌が作る物質にアレルギーがあり鼻炎が起こっている状態。

それにプラスして、自律神経の問題(ドーパミンとアセチルコリン)により、血行が悪い状態から血行が良くなった時に、毛細血管に急激に血液が流れ炎症が起こります。寒暖差の大きい時(寒いところから暖かいところに行く)に炎症が起こるのです。

交感神経過剰(ドーパミン過剰)と副交感神経減少(アセチルコリン減少)の状態(血行不良状態、粘膜が乾燥状態)から副交感神経が働いたとき(血行が急激に改善、粘液分泌)にアレルギーや炎症がひどくなることを、血管作動性鼻炎と呼びます。

 

抗アレルギー薬は寒暖差アレルギーをひどくする!?

 

抗アレルギー剤には、アセチルコリン(副交感神経)を抑える作用(抗コリン作用)があります。すると、血行が悪くなり炎症が止まり粘液分泌も止まります。ですが、先ほどの説明をしている通り、いずれ血行が回復し、よりひどいアレルギーや炎症になるのです。

皆さま、抗アレルギー剤など自律神経に作用するような物質は、寒暖差アレルギーを悪化させますので注意しましょう!!

 

原因不明の寒暖差アレルギーでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

 

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
★大阪市・豊中市・箕面市・茨木市・吹田市・高槻市・京都・堺市・兵庫県 尼崎市・宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市・芦屋市・三田市・神戸市・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-アレルギー, 花粉症

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2017 AllRights Reserved.