腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 過敏性腸症候群(IBS)

お腹にガスがたまるガス型過敏性腸症候群の対処法

投稿日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日はお腹にガスがたまるガス型過敏性腸症候群(ガス型IBS)のお話です。

お腹にガスがたまるガス型過敏性腸症候群(ガス型IBS)の対処法

腸内でガスを発生させるものは、主にカンジダ真菌です。カンジダ真菌は酵母菌(イースト菌)の一種です。

カンジダ真菌は炭水化物(糖質)をエサにアルコールとガスを作ります。

腸の中でお酒やパンを作っているんですね。

もちろん腸の蠕動運動の問題や便秘などの要因はあるかもしれませんが、一番簡単なガスの減らし方は発酵するものを減らすということ

発酵するものと言えば?

発酵しやすいものをイメージするのに一番いいのは発酵食品ですよね。特に酵母菌などのカビ類はアルコールとガスを作ります。

  • パン
  • 醤油
  • 味噌
  • アルコール

これらのものは何で発酵していますか?

パンは小麦ですね。

醤油だったら小麦と大豆ですね。

味噌も小麦ですね。

アルコールはさまざまですね。お米、大麦、イモ、ブドウなどなど

発酵を減らそうと思ったら、これらのものを減らせばいいんです。

例えばパンを作ると硬いパンを作ろうと思ったら、塩を入れるそうです。ふわふわのパンを作ろうと思ったら砂糖を入れるそうです。酵母菌は塩が嫌いで砂糖が好きなんですね。

ということ砂糖は腸内の発酵を進ませてしまいますのでダメですよね。

腸の動きが悪く腸内に長く留まってしまうために発酵が進んでしまうケースもあります。その場合にはその原因を取り除いていく必要があります。

便秘の原因

便秘の原因をフィシオエナジェティック検査で調べると

  • 甲状腺機能低下
  • 自律神経系の問題
  • 消化酵素の問題
  • アレルギー
  • 心理的問題

などなどがあります。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

ガス型過敏性症候群特有の問題

たとえばガスがしょっちゅう出ても、それを笑って過ごせたり中にはネタにしたりするような人もいますよね。そういう人はガスの問題でそんなに悩んだりはしません。

つまりガス型過敏性腸症候群の問題はガスがたまる、ガスが出る、+心理的問題であるケースがほとんどということです。

そういう場合は心理的問題にも対処が必要です。

例えば心理的問題で「ガスが出るのが恥ずかしい」という問題があったとすると、その心理的問題により消化不良の原因になったり、便秘の原因になったりすることもあるかもしれません。

 

工夫してもガスがたまる場合は根本療法が必要です。原因不明のガスが出る・ガスがたまるでお悩みのガス型過敏性腸症候群(ガス型IBS)でお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
★大阪市・豊中市・箕面市・茨木市・吹田市・高槻市・京都・堺市・兵庫県 尼崎市・宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市・芦屋市・三田市・神戸市・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-フィシオエナジェティック臨床例, 過敏性腸症候群(IBS)

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2017 AllRights Reserved.