腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例

目の下のクマでお悩みの患者様/大阪府池田市より来院

投稿日:2017年4月7日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は目の下のクマでお悩みの患者様の例です。

目の下のクマでお悩みの患者様

フィシオエナジェティック検査で目の下のクマの原因を調べると

  • 第1頚椎の歪みによる胃の機能低下(胃酸不足)
  • 精神心理的問題
  • アルミニウムの蓄積
  • 回盲弁症候群

でした。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

アルミニウムはベーキングパウダーや膨張剤(スナック菓子、洋菓子、焼き菓子、菓子パン、お好み焼き、たこ焼き、天ぷら・ボテトなどの揚げ物)、歯磨き粉、みょうばん(漬物・たこ・ウニ)、アルミ鍋、着色料、制汗剤、化粧品(水酸化Al)、胃薬、鎮痛薬、風邪薬、ワクチンなどに含まれます。アルミニウムは自律神経に影響しますが、その中でも回盲弁に影響していました。

回盲弁症候群で目の下にクマとは?

回盲弁は小腸(回腸)と大腸(結腸)の間にあり、便の逆流を防ぐ弁です。この弁が閉じなくなると大腸の便が小腸に逆流し、便が小腸で吸収されてしまいます。それによりさまざまな症状を引き起こします。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • ふらつき、めまい
  • 疲労感
  • 生あくび
  • 睡眠障害
  • 昼間の眠気
  • 耳鳴り
  • 目の下のクマ
  • 体臭
  • 皮膚症状
  • 関節炎(手根管症候群など)
  • 便秘
  • 下痢

などの様々な不定愁訴を引き起こします。

この弁が逆に開かなくなっても便が大腸に流れなくなり、同じような症状を起こします。

 

目の下にクマができる原因は回盲弁の問題だけではありませんが、原因不明の目の下のクマでお悩みの方、ぜひご相談ください。

 

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ
★大阪市・豊中市・箕面市・茨木市・吹田市・高槻市・京都・堺市・兵庫県 尼崎市・宝塚市・川西市・伊丹市・西宮市・芦屋市・三田市・神戸市・京都・滋賀・奈良からも口コミで来院

-フィシオエナジェティック臨床例

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2017 AllRights Reserved.