腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

フィシオエナジェティック臨床例 内臓疾患 難病

シェーグレン症候群でお悩みの患者様/大阪市より来院

投稿日:2018年8月9日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は大阪市よりお越しの、シェーグレン症候群でお悩みの患者様の例です。

シェーグレン症候群

RyanMcGuire / Pixabay

 

シェーグレン症候群でお悩みの患者様/大阪市より来院

ちなみに、シェーグレン症候群とは、難病指定されている原因不明の 、涙腺の涙分泌や、唾液腺の唾液分泌などが障害される自己免疫疾患です。

シェーグレン症候群の症状としては

  • 口の渇き

でした。

シェーグレン症候群以外の症状としては

  • 手のこわばり
  • 首の締め付け感
  • 後頭部の痛み
  • めまい

でした。

シェーグレン症候群のほかに、脊柱管狭窄症との診断を受けられていました。

胃酸を抑える薬を服用。

シェーグレン症候群などの原因をフィシオエナジェティック検査で調べると

でした。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくこちら

 

シェーグレン症候群の原因は、今のところ不明です。

アセチルコリンという神経伝達物質の受容体に抗体ができるのではないか、という説があります。

結果として、アセチルコリンによる神経伝達が抑制され、唾液や涙などの分泌液が減少し、ドライマウスやドライアイ、ドライノーズなどを引き起こしている可能性があります。

そもそも、胃酸を抑える薬はアセチルコリンを抑制します。ということは、唾液が減るのでは!?

脊柱管狭窄症と思われる症状は、ドーパミン過剰/アセチルコリン抑制による血管収縮と血管障害による血行不良かもしれません。

 

シェーグレン症候群に対して当院でできること

当院のフィシオエナジェティックは、クライアント様、お一人、お一人の身体の声を聴き、シェーグレン症候群の根本原因を探ります。

シェーグレン症候群の原因はさまざまです。

  1. 構造的問題(骨格の歪み、筋肉、筋膜、靭帯、椎間板など)
  2. 化学的問題(栄養の問題、感染症、毒素、アレルギーなど)
  3. 精神心理的問題(ストレス、感情、トラウマなど)
  4. 情報伝達の問題(経絡の流れ、電磁波、土地のストレス、瘢痕組織など)
  5. オーラ、チャクラなどエネルギー的問題

これらの問題を取り除くオーダーメイド治療をしています。

フィシオエナジェティックコースでは、シェーグレン症候群に対して必要な治療法、必要なハーブや栄養素をどのくらいの期間どのくらいの量摂取するといいのかを調べます。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくこちら 原因不明のシェーグレン症候群でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-フィシオエナジェティック臨床例, 内臓疾患, 難病

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.