腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

パニック障害 フィシオエナジェティック臨床例

パニック障害の原因がノルアドレナリンの過剰!?/大阪市より来院

投稿日:2018年6月27日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法治療院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は大阪市よりお越しの、パニック障害でお悩みの患者様の例です。

 

パニック障害でお悩みの患者様/大阪市より来院

心療内科でパキシル(SSRI)とアモキサン(抗うつ薬)

パニック障害以外の症状としては

  • 頭痛(緊張した時や生理前にひどくなる)
  • 首こり
  • 肩こり
  • めまい
  • ふらつき

でした。

パニック障害などの原因をフィシオエナジェティック検査で調べると

でした。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくこちら

 

ノルアドレナリンとは?

ノルアドレナリンは、交感神経を刺激する神経伝達物質です。

ノルアドレナリンは、別名ノルエピネフリンとも呼ばれます。

アドレナリンという言葉は皆さま聞いたことがありますよね?

ノルアドレナリンとアドレナリンの作用はほとんど同じで、両方とも交感神経を刺激します。

両方ともチロシンというアミノ酸から合成されます。

ノルアドレナリンはドーパミンという神経伝達物質から合成されます。

ノルアドレナリンの作用

ノルアドレナリンは、主に脳(脳幹)の橋という部分の青斑核(せいはんかく)という場所で生成されます。

ストレスを感知すると、脳ではノルアドレナリンが放出され、副腎髄質ではアドレナリンの分泌されます。両方とも交感神経系を刺激しストレスに対応します。

ノルアドレナリンは「不快」の感情を司ります。

  • 怒り
  • 恐れ
  • ストレス
  • 不安

などの感情、情動です。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されると

  • 怒りっぽっくなる
  • イライラする
  • キレやすくなります。

などの症状につながります。

ノルアドレナリンが過剰になる原因

  • ドーパミンの過剰
  • アセチルコリンの抑制(不足)
  • 銅の蓄積、亜鉛不足(ドーパミンは不足気味、ノルアドレナリンは過剰になります)
    ⇒ 亜鉛について詳しくはこちら

 

 

パニック障害に対して当院でできること

当院のフィシオエナジェティックは、クライアント様、お一人、お一人の身体の声を聴き、パニック障害の根本原因を探ります。

パニック障害の原因はさまざまです。

  1. 構造的問題(骨格の歪み、筋肉、筋膜、靭帯、椎間板など)
  2. 化学的問題(栄養の問題、感染症、毒素、アレルギーなど)
  3. 精神心理的問題(ストレス、感情、トラウマなど)
  4. 情報伝達の問題(経絡の流れ、電磁波、土地のストレス、瘢痕組織など)
  5. オーラ、チャクラなどエネルギー的問題

これらの問題を取り除くオーダーメイド治療をしています。

フィシオエナジェティックコースでは、パニック障害に対して必要な治療法、必要なハーブや栄養素をどのくらいの期間どのくらいの量摂取するといいのかを調べます。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくはこちら

 

原因不明のパニック障害でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-パニック障害, フィシオエナジェティック臨床例

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.