腰痛、頭痛、肩こりなど「治らない」でお困りの症状専門整体院

大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】

キネシオロジー フィシオエナジェティック施術方法

Oリングテストの問題点 キネシオロジーって怪しい?

投稿日:2018年6月10日 更新日:

こんにちは。大阪府池田市の自然療法院【関西カイロプラクティック】院長の鹿島 佑介です。

本日は、Oリングテストなどのキネシオロジーテストのお話しです。

⇒ キネシオロジーについて詳しくはこちら

Oリングテストの問題点 キネシオロジーって怪しい?

キネシオロジー

RyanMcGuire / Pixabay

 

筋力テスト(キネシオロジーテスト)は、力比べではありません。

あくまで、施術者のかける力に合わせて正確に同じ力を出して、その位置をキープできるかを見るテストです。

例えば、大腿四頭筋のテストをする場合、施術者が力を入れた時に脚が上に上がったらダメなんです。

そもそも、足の力に腕で勝てるわけがありません。

では、オーリングテストは?

もともと、オーリングテストは拇指対立筋という筋肉のテストです。

親指と小指を引っ付ける筋肉です。

それを親指と人差し指に変えたものが、Оリングテストです。

Oリングテストの問題点

問題が起こりやすい原因の一つは、複数の細かい筋肉が働くことです。

もう一つは、そのやり方です。

本来、拇指対立筋テストでは、親指と小指の間をほんの少しだけ離れている状態をキープできるかを調べるのが正解です。

なぜかというと、筋力テストは、あくまで正確に施術者と同じ力で返せるかを調べるテストだからです。

テストでほんの少し空いている隙間が引っ付いてしまうのは、同じ力で返せていないということ。もちろん開いてもダメ。その隙間をキープできるかどうかなのです。

ではОリングは?

力比べになっちゃっていますよね!?

もちろん、正確にテストを行える人もいます。

もう一つの問題は、キネシオロジーテストには必ず予備テストが必要であるということ。予備テストはフィシオエナジェティック検査にもあります。

予備テストに問題があると

  • すべての問題に反応しなくなる
  • YesとNoが反対になってしまう。反対になるということは体に合わないものが役に立つ、役に立つものが合わない、という反応になってしまうということです。

もうひとつは、自分自身の想念が結果に影響してしまうということです。フィシオエナジェティックでは想念を絶対に使いません。

⇒ フィシオエナジェティックについて詳しくこちら

 

キネシオロジーテストを正確に行なうための予備テスト

①レギュレーションブロック

自律神経が働いていない状態です。

こういう状態だと、検査に何も反応しません。この状態は、治癒力そのものが働いてない状態を意味します。

例えば、インフルエンザウイルスが体に入ってもそれに反応しません。寒くて血流が悪くなっても血圧があがりません。運動しても心拍があがりません。腰に負担がかかっていても、痛みがあまりでませんので、急にぎっくり腰になったりヘルニアで腰痛が出たりします。

レギュレーションブロックが起こる原因は

他にも原因として、

  • 水不足
  • 過度のアレルギー症状
  • 有害な重金属の蓄積
  • 精神心理的問題
  • 電磁波の影響
  • ジオパシックストレスの影響

などがあります。

②スイッチング

脳が左右が逆になっている状態です。

例えば、体の右側に問題があり、脳はそこを治そうとしてたとしても、脳が体の左側と勘違いしているために治癒力が働きません。

実際に、右と左をよく間違える状態でもあります。例えば、車の運転で右に曲がろうと思っているのに左に曲がってしまったり、右手と左手がとっさにわからなくなったりすることもあります。

③アイソレーション

アイソレーションは「隔離」や「分離」を意味します。

この状態は、自然治癒力が働かないエリアがありますよ!という意味です。その原因には、さまざまな問題があります。

ひとつは、経絡の流れが瘢痕で分断されているケース。そのために治癒力が働きません。

⇒ 瘢痕組織について詳しくはこちら

もう一つは問題が大きすぎて、それにとらわれると他の問題に対応できなくなるために「その問題をいったん置いといて他の問題に集中しよう」という状態です。病巣/病巣感染と言います。

⇒ 病巣について詳しくはこちら

④心理的逆転

心理的逆転とは、顕在意識と潜在意識が全く逆のことを考えている状態です。

自分では「健康になりたい」と思っていても潜在意識は「健康になりたくない」という状態です。

⇒ 心理的逆転について詳しくはこちら

⑤セグメンテーショントラウマ

外傷によるトラウマ・心理的なトラウマ・化学的なトラウマなどが、ばらばらになって、骨などの組織に隠れてしまっているケースがあります。

 

 

これらの問題をクリアしないと答えを間違えますので、予備テスト必ず行い、正確に根本原因を探っていきます。

 

キネシオロジーテストやオーリングテストは使う側の技術によって、怪しいものになってしまうので注意が必要なんですね。

 

※当院でおこなうフィシオエナジェティック検査は医学的な検査ではありません。どうすれば解決するのかはわかりますが、診断は基本的には行いません。あくまで診断については医療機関でお願い致します。

店舗情報
阪急宝塚線池田駅(大阪梅田駅から20分)から徒歩3分アクセス
大阪府池田市のホリスティック療法整体院【関西カイロプラクティック】へ

【お問い合わせ・ご予約】
TEL:072-752-3702
【住所】
大阪府池田市呉服町4-7 中岡ビル1F
【営業時間】9時~21時
【定休日】水曜・日曜
【facebookページ】
関西カイロプラクティック
【スマホHp】
大阪市池田市のホリスティック療法院 関西カイロプラクティック
【アメーバブログ】
治らない慢性症状なら【関西カイロプラクティック】大阪府池田市の整体院
【ブログ】
大阪池田市のカイロプラクティック 院長ブログ

-キネシオロジー, フィシオエナジェティック施術方法

Copyright© 大阪府池田市の自然療法整体院【関西カイロプラクティック】 , 2018 AllRights Reserved.